「すべての人が正しく安全で効果的なアスレティックライフを楽しめるように」日本アスレティック医科学協会

◆セミナー情報 2019 (2020年1月開催)

○2020年1月 AMSアスレティックメディカルサイエンスセミナー2019

○日程; 2020年1月12日(日)

○時間; 12:50開会〜 18:30閉会 (休憩除くセミナー正味5時間)

○会場; 富士国際ビジネス専門学校 (東京都文京区。丸ノ内線「茗荷谷駅」徒歩3分)

○内容; 『 アスリート育成とスポーツ総合診療  』

     『 回旋動作における右と左の違いについて 』

     『 高校生へのトレーニング導入アプローチ  』

     『 パネルディスカッション 』

○タイムスケジュール/講師及び内容詳細;

12:20 開場・入場〜

12:50 開会 ・ AMS 当会会長挨拶および諸注意伝達事項 ・ 協賛企業紹介

■『 アスリート育成とスポーツ総合診療 』 

 (講義)

  <90分 / 13:00〜14:30 >

  ・ベースボール&スポーツクリニックの取り組み。  

  ・クリニックにおいて整形外科的なアプローチだけでなく、内科や女性アスリート特有の課題に対する対応、 スポーツ技術の評価、フィジカルトレーニングの指導など、アスリート育成に関する包括的なサポート。

豊田 太郎

ベースボール&スポーツクリニック 育成コーチ。 (独)日本スポーツ振興センター アスリートパス ウェイの戦略的支援事業 副マネージャー、(株)クレーマージャパン トレーニングコーチ、アルビレックス新潟育成組織 JAPAN サッカーカレッジ トレーナー、ほか歴任。筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻修了。

〜休憩〜

■『 回旋動作における右と左の違いについて 』 

  (講義)

  <90分 / 14:40〜16:10 >

  ・身体は左右非対称

  ・機能的に身体を使うとは

  ・回旋動作の多い野球の動作をふまえて

安斎 真

フリートレーニングコーチ、パーソナルトレーナー、野球技術ト レーニング指導者。スポーツデータ・バンク 野球スクール技術指導。都立石神井高校硬式野球部 ストレングス&コンディショニングコーチ、2010/2016台湾国際 少年野球大会日本代表 監督、ほか歴任。東京経済大学卒業、専門学校トレーナー学科卒業。

〜休憩〜

■『 高校生へのトレーニング導入アプローチ 』  

  (講義)

  <90分 / 16:25〜17:55 >

   ・トレーニングの位置づけ

   ・動作評価と改善アプローチ

   ・トレーニングの継続に向けて

小平 健太郎

フリートレーニングコーチ。 都立国立高校ラグビー部コンディショニングコーチ、埼玉県立川口北 高校ラグビー部ストレングスコーチ、都立狛江高校ラグビー部トレーニングコーチ、都立府中西高校ラグビー部 トレーニングコーチ、ほか歴任。筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ健康システムマネジメント専攻修了。

■『パネルディスカッション』 <30分 /18:00〜18:30 >

 ・小平氏、安斎氏、ら講師陣をパネラーとしての、「スポーツ医学、スポーツ科学、ストレングス&コンディショニング、 アスレティックトレーニング」などへの質疑内容の応答討論   

  コーディネーター: 原田 一志(当会会長)

18:30 閉会 〜 19:00 退場

 

○受講料; 一般7,000円、学生;4,000円(大学院生は一般)  事前入金

       ※当日支払い;一般;8,000円、学生;5,000円 です。

 

○定員; 20名 ・・・お申し込み順定員になり次第締め切り

 

○対象; 現役トレーナー・コーチ、トレーナー・コーチを目差す方。

      ほか、スポーツ選手・スポーツ関係者など。

 

NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS−CPT)

  資格継続単位0.5CEU付与認定セミナー申請中。

 

〇お申し込み;日本アスレティック医科学協会事務局へEmailで受講参加の申し込み。

        氏名、フリガナ、住所、携帯電話、携帯メールアドレス、職業(学生は学年)、

         (※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号も)を必須記載。

          ⇒info@athletic-medical-science.com

  ※携帯アドレスからのお申し込みの場合、受付確認のメールが受信できるよう

  当協会ドメイン「@athletic-medical-science.com」受信許可設定を

  お願いいたします。          

 (※個人情報保護;記載頂きました個人情報は本協会セミナーに関わること以外の

   使用・利用は一切いたしません)

 

○お問い合せ; ご不明な点は、日本アスレティック医科学協会事務局へ

          Eメールにてお問い合わせください。

          協会事務局Eメールアドレス: info@athletic-medical-science.com

 

〇協賛企業

・ゼット ・・・加圧トレーニングウエア<カーツ>

 

※「パネルディスカッション」では、各講師陣に、受講参加者が持つ

 様々な知りたいこ とについての質問をすることができます。

 

 

 

                                                            Page Top↑